色々な薬を持っている男性
  • ホーム
  • 性病と心配と渇きについて

性病と心配と渇きについて

薬のケースと水のグラスを持っている男性

カンジダという性病があります。
この性病は、精神疾患をかかている人や肥満の人がかかりやすいとされています。
なぜ精神疾患の人が、このカンジダという病気にかかりやすいのかと言われているというと、精神疾患の薬には、食欲を大幅に増すものが、多くあるからです。
これは個人差にもよりますが、患者によっては睡眠薬を飲むことがあり、これにより急激にお腹が空いたり睡眠薬を飲んだ後に記憶がないまま食事を夜中にとっていたというケースがあります。
たくさんの食べ物を知らず知らずのうちに食べていたということが普通に起こります。

また、どうしても夜中の食事の後には、喉の渇きなどが起き、そのことなどからも、どんどんと肥満体質になっていってしまうのです。
喉の渇きを補うために、甘いジュースなどや炭酸飲料などを飲んでしまう人も多く、これも、処方されている薬の副作用とされています。
甘いジュースなどが飲みたくなってしまうこと、また同時に、人はイライラしたり心配なことがあると、つい甘いものでストレス発散をしてしまいます。
そのようなことがあるためで、これがカンジダにとっては、とても嬉しいごちそうになります。

カンジダは、上記のような肥満体質の人、太っている人が大好きであり、以前は痩せ型のモデル体型だった人も、精神疾患になってから、肥満体重となってしまい、性病であるカンジダになってしまった、このようなことがあります。
実際に、このような精神疾患で、体重が急激に太る人は心配の種にもなっており、薬のありかたについて、見直されるべき点があるとされています。
このように、カンジダはやっかいな性病の1つです。

関連記事
人気記事一覧